院長のご紹介 -道玄坂糸井眼科医院 | アイアカデミー


トップページ
道玄坂糸井眼科医院
院長のご紹介


院長のご紹介

経歴

道玄坂糸井眼科医院
院長 糸井素純

昭和34年生まれ。昭和59年3月に順天堂大学医学部を卒業後、京都府立医科大学大学院へ進み、昭和63年に医学博士、平成元年に眼科専門医を取得。大学院在学中は岡崎国立共同研究機構で受託大学院生として水晶体をテーマに研究。その後、京都府立与謝の海病院、大津市民病院、順天堂大学眼科学教室助手、ニューサウスウェールズ大学(豪州)、ロチェスター大学(米国)、東京警察病院眼科(副医長)と歴任し、平成10年1月に表参道(東京)に糸井眼科医院を開院、平成16年10月に医療法人社団 松六会 道玄坂糸井眼科(東京都渋谷区)を開設、理事長となり、平成19年4月から道玄坂糸井眼科医院の院長となった。現在は順天堂大学眼科学教室の非常勤講師(円錐角膜に対するコンタクトレンズ処方を担当)、日本コンタクトレンズ学会常任理事を兼任している。専門分野はコンタクトレンズ、角膜疾患(円錐角膜、ドライアイなど)。


ご挨拶

コンタクトレンズによる眼障害が急増しています。コンタクトレンズは直接目に触れるものだから、使い方を誤れば、失明につながります。そんな簡単なことを知らない人が実に多いようです。コンタクトレンズの眼障害を発見したとき、患者さんに眼障害のことを説明すると、まさか自分がという顔をします。入院が必要なほど重症なのにもかかわらず、明日は仕事で診療に来られないという人もいます。ただの結膜炎といい張り、治してくれればいいという人もいます。重症な患者さんのほとんどは定期検査を受けていません。コンタクトレンズの眼障害には、まったく自覚できない障害もありますが、そのことを全く知りません。コンタクトレンズの処方を受けたときに何も説明を受けていないようです。だからコンタクトレンズの怖さがわからないのです。

使い捨てレンズ、カラーソフトコンタクトレンズ、老眼用コンタクトレンズが登場し、コンタクトレンズの人口が急増しています。コンタクトレンズを病院、眼科医院で購入するよりも、値段が安いメガネ店、コンタクトレンズ量販店で購入をする人が多くなりました。メガネ店、コンタクトレンズ量販店では必ずしも眼科専門医が処方をしているわけではありません。日本の法律では、医師であれば誰でもコンタクトレンズを処方できます。つまり眼科以外の医師を雇って、コンタクトレンズを処方、販売するところもあります。インターネット、薬局で医師の処方なしで使い捨てレンズを購入する人もいます。コンタクトレンズは目に合ったものを選ばなければトラブルを招きます。目に合ったものを選んでも使い方に誤りがあればトラブルを招きます。

コンタクトレンズによる眼障害は予防できないのでしょうか?ほとんどのコンタクトレンズによる眼障害には原因があります。目の状態に不適切なレンズを選択されていたり、選択したレンズの処方が不適切であったり、装用に無理があったり、レンズケアに誤りがあったりします。コンタクトレンズを選択する際に、これから装用する人の希望は、もちろん大事ですが、コンタクトレンズには実に多くの種類があり、目の状態、装用状況に合わせて、希望を考慮したうえで、安全なコンタクトレンズを選択し、処方することは、それほど難しいことではありません。選択したコンタクトレンズを最良の状態で処方し、定期検査で何か問題があれば修正する。異常を感じたらすぐにコンタクトレンズの装用を中止し、診療を受ける。無理な装用をしたり、レンズケアを怠ったりすれば大きなトラブルを招くということを理解してもらう。そのようにすれば、ほとんどのコンタクトレンズトラブルは予防できます。

コンタクトレンズを処方する際には、いろいろなことを眼科医が説明しなければなりません。取り扱い説明書を熟読する人は少ないし、検査員のいうことは聞かない人も多いようです。しかし、眼科医自身が説明すれば、ほとんどの人は最後まで耳を傾けてくれます。 本ホームページでは、私がクリニックでコンタクトレンズを希望する人に説明している内容がたくさん含まれているので、ぜひ詳しく読んでいただきたい。

著書紹介

「あなたは大丈夫?コンタクトレンズ障害」
(糸井 素純著)

平成12年7月13日マキノ出版より初版発行
定価1300円(税抜き)


このページのトップへ

新聞・雑誌掲載履歴/参考文献一覧

新聞・雑誌掲載履歴
掲載媒体 日付 掲載ページ 題目
新聞 朝日新聞 1995.3.19   花粉ピーク目がかゆい人はコンタクト要注意
  産経新聞 1995.12.26   生活110番。コンタクトレンズの寿命と洗浄法
  読売新聞 1997.8.25   "コンタクトレンズ「正しい知識、ケアの習慣を」"
  朝日新聞 1997.11.27   目の健康とコンタクトレンズ
  読売新聞 1998.4.27   「疲れ目」の仕組み解明進む
  四国新聞 1999.10.10   コンタクトのケア
  朝日新聞 1999.12.8   "普及の一方、目の障害多発"
  日刊スポーツ 1999.10.6   正しく使って快適コンタクトライフ
  朝日小学生新聞 2000.2.9   こわいよコンタクトレンズのトラブル
  読売新聞 2000.6.5   "コンタクトなめて装着、いいの?"
  日刊スポーツ 2000.10.6   コンタクトレンズを見つめ直そう
  読売新聞 2000.12.7   大きな文字で目にやさしい 画期的な新紙面
  毎日新聞 2001.3.7   コンタクトレンズ「こすり洗いを必ずやって」
  日刊スポーツ 2001.8.10   年齢、環境に応じた視力矯正を
  日刊ゲンダイ 2001.8.23   コンタクトレンズ3大眼障害の危機管理
  日刊ゲンダイ 2001.9.19   円錐角膜
  東京新聞 2001.10.19   目のトラブル多発
一般誌 セガサターンマガジン 1995.6.19 P64〜P65 ゲーマーのからだ110番。目に出る症状。
  アール 1996.2.20 P123 疲れ目
  参天通信 Jul.96   コンタクトレンズによる目のトラブル
  オレンジページ 1997.2.17 P117〜P124 "もっと知りたい「目の話」。ドライアイ、コンタクトレンズ"
  オレンジページ 1997.6.17 P133 目。夏のトラブル予防と対策
  女のからだ110番 1997.6.30 P12〜P13 "疲れ目、ドライアイ"
  ラ・セーヌ 1997.7.1 P25 "目の健康を考えてコンタクトレンズを選択、ケアは慎重に"
  週刊眼鏡新聞 1997.10.17 P10〜P11 "多様化するソフト、CLケア用品"
  毎日ライフ Nov.97 P114〜P117 コンタクトレンズの正しい使い方
  メディカル・スコープ Mar.98 P54〜P56 コンタクトによる目のトラブル
  ホスピタウン 1998.3.6 P85 全国専門病院ガイドPART3 ドライアイ
  生活教育 1998.3.15 P54〜P56 コンタクトレンズによる目のトラブル
  Meducal tribune 1998.3.26 P1〜P4 コンタクトレンズは米国型市場になるか
  Pharmaweek 1998.3.30   コンタクトレンズケア 眼科専門医に聞く
  家の光 1998.4.1 P111 種類が豊富になったコンタクトレンズ
  ラ・セーヌ 1998.9.1 P23 市販の目薬や洗眼用品の常用は眼科医に相談してから
  BAUSCH&LOMB PROFESSIONAL NEWS Vol.3 1998.9.20   ボシュロム社製2週間交換ソフトコンタクトレンズ「メダリスト」
  家の光 1999.1.1 P121 視力の数値ってどうやって決めるの?
  きれいになりたい 1999.4.12 P53〜P59 "目の不快感、やわらげたい"
  元気が出るからだの本 1999.4.26 P93〜P99 "肩こり、腰痛をまねく疲れ目さんのパソコン環境チェック"
  Hanako 1999.5.19 P15 コンタクトレンズ障害
  Hanako 1999.5.19 P30 "コンタクトレンズ専門医に聞く、コンタクトレンズの基礎知識"
  日経LifeSERIES 1999.6.17 P24〜40 倒れてからではもう遅い!
自分でできる健康力チェック[目]
  ジャフメイト 1999.9.1 P17 "眼鏡等"ドライバーの冷や汗体験"
  Saita 1999.9.9 P150〜P151 コンタクトレンズによる目のトラブルが増えている
  カネボウ薬局経営ガイド 1999.10.1 P8〜P9 瞳の美しさを妨げる目の疲れをノックアウト!
  チェーンニュース第715号 1999.11.1   東京・青山「糸井眼科」に聞く
  メディカルインフォメーション 2000 P17 コンタクトレンズによる眼障害が急増しています
  エフ 2000.1.1 P255 レンズケアを見直して。美しい健康的な瞳に
  元気が出るからだの本 2000.1.26 P112〜P115 コンタクトレンズ徹底研究
  Caz 2001.2.26 P57〜P60 コンタクトレンズ。間違いだらけの装用方法
  ミーチュ 2000.3.1 P14〜P18 自分にあったSCLと便利なMPSを正しく使う
  オリーブ 2000.5.18 P18 "眼鏡が合わない、目が乾く、充血気味、使いすぎて疲れている目が急増中"
  ドクターサロン 2000.6.20 P37〜P40 コンタクトレンズの酸素透過性
  レニューニュース Jul.00   "Renuを含めたマルチパーパスソリューションをどのようなコンタクトレンズユーザーに、薦めたら良いのか"
  Hawayu 2000.9.1 P19 "コンタクトレンズをより安全に、正しく使うために"
  健康ふしぎ発見ニュース 2000.10.1   コンタクトレンズの使い方を間違えると目に傷が付く
  週刊眼鏡新聞 2000.10.20 P11 ハードレンズの基礎知識
  Hanako 2000.11.1 P90 ドライアイ
  わかさ 2001.7.1 P169〜P175 ハードは最初つけ心地が悪いが専門医の適切な処方なら使うほど心地よくなる
  週間眼鏡新聞CL特集 2001.7.13   「遠近・円錐角膜の発表も充実」ほか
  安心 2001.10 P98〜P100 失明を招くことさえあるコンタクトレンズ障害の原因と予防法を専門医が解説
  Caz 2001.10.22 p105 コンタクトレンズ障害の予防と対策
  自然と健康 2001.11.1 p77〜99 あなたの目は大丈夫コンタクトレンズの障害
  眼科ケア 2002.2 P24〜27 コンタクトレンズの疾患をケア!
  女性自身 2002.3.5 P57 間違いコンタクトの怖〜い話!
  セブンティーン 2002.3.15 P56〜59 正しく使おう!はじめてのコンタクトレンズ
  日本学校保健医会 2002 P1〜22 学校生活とコンタクトレンズ
  Fineview 2002.春 P1〜4 ツラ〜イこの季節。
レンズケアで花粉症対策!
  わかさ 2002.5 P100〜111 長年使えばなんと半数の人は目を著しく傷めると最近わかったコンタクトの最も安全な使い方
  美的 2002.8 P248〜253 コンタクトレンズとの正しいおつきあい
  キッセイカレイドスコープ 2002.7 P7 老視−バイフォーカルコンタクトレンズの使用も含めて−
  オレンジページ 2002.8.2 P137〜143 体の不調、もしかしてこのせい?!
夏の疲れ目注意報
  Meducal tribune 2002.7.25 P8 第45会コンタクトレンズ学会
〜CLによる眼障害例〜
  an.an 2002.10.5 P154 コンタクトレンズのトラブル
  ドラッグトピックス 2002.9.30 P13 コンタクトレンズ起因の眼障害
  教育医事新聞 2002.11.25 P6 コンタクトによる眼障害患者
  第11回シードセミナー 2002.11 P4〜19 コンタクトレンズ診療における
インフォームドコンセントとクレームとその対応
  an.an 2003.2.19 P63 マイナートラブルを一気に解決!
「疲れ目」「ものもらい」

このページのトップへ

参考文献一覧
掲載媒体 日付 掲載ページ 題目
論文
(筆頭のみ)
あたらしい眼科 1988 P1795〜1803 水晶体の核および核周辺部の線維細胞膜に特異的なモノクローナル抗体
  Cornea 1989 P2〜P6 Specular microscopic studies of the corneal endothelia of japanese diabetics
  大津医師会誌 1989 P4〜P5 早期診断・治療により視力回復し得た網膜分岐動脈閉塞症
  Medical Technology 1990 P662〜P665 水晶体とぶどう膜(ぶどう膜炎)
  Current Eye Research 1991 P1〜P9 Ultrastructural observations of typical gap junctions in human foetal lens nucleus
  あたらしい眼科 1992 P2085〜2087 ハードコンタクトレンズ装用者における輪部乾燥角膜炎に対する0.1%ヒアルロン酸ナトリウムの効果
  あたらしい眼科 1993 P617〜P626 多施設二重盲検法によるコンタクトレンズ装用者における角膜上皮障害に対するヒアルロン酸ナトリウム点眼液の臨床評価
  日コレ誌 1993 P42〜P47 10年以上のソフトコンタクトレンズ連続装用者者の角膜内皮細胞の経時変化
  臨床眼科 1993 P225〜P230 小脳性運動失調に伴う錐体桿体ジストロフィの2症例
  CCLRUスタンダード 1993 P1〜P13 コンタクトレンズの終日及び連続装用の
成功の基準
  CLAO Journal 1995 P261〜P264 Effect of sodium hyaluronate ophthalmic solution on peripheral staining of rigid contact lens wearers
  あたらしい眼科 1995 P899〜P906 円錐角膜とコンタクトレンズ
  自警 Mar.96 P74〜P75 ドライアイ
  Cornea 1996 P2〜P8 Corneal incisions utilizing the 1053-nm picosesond Nd:YJF ophthalmic laser
  あたらしい眼科 1996 P837〜P843 コンタクトレンズによる角膜上皮障害
  日コレ誌 1996 S25〜S29 ソフトコンタクトレンズのコールド消毒の進歩と普及−米国の事情と日本の将来−
  日コレ誌 1996 P9〜P13 日本人と米国人の角膜形状の比較。TMS-1を用いて
  Journal of Refractive Surgery 1997 P69〜P73 Clinical effect of blowing nitrogen gas across the cornea during photoreftractive keratectomy
  あたらしい眼科 1997 P3〜P6 円錐角膜に対するコンタクトレンズ処方
  あたらしい眼科 1997 P51〜P53 ラウンドコルネアにおけるコンタクトレンズ処方
  あたらしい眼科 臨時増刊号 1997 P137〜P140 コンタクトレンズケア用品の問題点と使用方法を教えて下さい
  あたらしい眼科 1998 P309〜P310 コンタクトレンズ
−新しい時代に向けて−
  あたらしい眼科 1998 P317〜P323 コンタクトレンズケア用品の実情
  あたらしい眼科 1998 P955 レンズケア(1)
  あたらしい眼科 1998 P1107 レンズケア(2)
  あたらしい眼科 1998 P1243 レンズケア(3)
  あたらしい眼科 1998 P1403 レンズケア(4)
  あたらしい眼科 1998 P1689 形態異常角膜に対するハードコンタクトレンズ処方のポイント
  東京都眼科医会報
第165号
1998 P9〜P14 コンタクトレンズの処方上の注意点
  あたらしい眼科 1999 P327〜P333 コンタクトレンズケア用品の動向とその将来の市場
  日コレ誌 1999 P135〜P141 円錐角膜に対するコンタクトレンズ処方
  日コレ誌 1999 P66〜P70 理論
  あたらしい眼科 1999 P59〜60 現代日本人に対するコンタクトレンズ処方
  あたらしい眼科 1999 P1255〜1256 FDA分類
  あたらしい眼科 2000 P957〜P965 コンタクトレンズによる眼障害
  日コレ誌 2000 P41〜P47 コンタクトレンズ洗浄
  日コレ誌 2000 P95〜P100 涙液とコンタクトレンズ
  日コレ誌 2000 P39〜P43 正しいレンズケア
  あたらしい眼科 2001 P1251〜P1257 老視に対するコンタクトレンズ処方
  あたらしい眼科 2001 P1147〜P1148 コンタクトレンズの処方に必要な用語の知識(1)
  あたらしい眼科 2001 P1285〜P1286 コンタクトレンズの処方に必要な用語の知識(2)
  日コレ誌 2001 P193〜194 高度円錐角膜
通常のHCLでは装用できなくなったケース
  東京都眼科医会報
第179号
2002.4 P3〜P8 バイフォーカルコンタクトレンズ
  あたらしい眼科 2002 P411〜P417 多段階カーブハードコンタクトレンズ
  あたらしい眼科 2002 P463〜P464 フルオレセインパターンの見方(1)
  あたらしい眼科 2002 P605〜P606 フルオレセインパターンの見方(2)
  あたらしい眼科 2002 P731〜
P732
フルオレセインパターンの見方(3)
  あたらしい眼科 2002 P883〜
P884
フルオレセインパターンの見方(4)
  日コレ誌 2002 P129〜P132 CLケア教室第3回レンズケア「洗浄・すすぎ」
  日コレ誌 2002 P136〜P138 CLの立場から
ーコンタクトレンズ装用下の視力の質ー
  日コレ誌 2002 P156〜P159 消毒剤の罪
論文(共著) あたらしい眼科 1986 P263〜P265 NIDEKAR-3300の使用経験
  日コレ誌 1986 P44〜P46 リアルタイム計測装置による角膜全域の形状解析
  Clinical Neuroscience 1987 P40〜P43 視覚誘発電位の神経機構
  あたらしい眼科 1987 P379〜P386 結膜アレルギーに対するKetotifenの臨床的検討
  Brain Research 1988 P307〜P310 Neuronal responsiveness in area 21a of the cat
  あたらしい眼科 1990 P717〜P720 Candida albicansによる内因性真菌性眼内炎の2症例
  京都府立医大誌 1990 P557〜P560 大津市民病院における眼内レンズ移植手術成績
  眼紀 1993 P313〜P318 成熟白内障を呈した硝子体内完全脱臼水晶体の3例
  日コレ誌 1995 P166〜P171 世界のコンタクトレンズ事情
  日コレ誌 1996 P169〜P174 製造物責任法(PL法)とコンタクトレンズ。第1部。眼科医からみたPL法
  日コレ誌 1997 P34〜P38 ハードコンタクトレンズ装用困難例に対するピギーバックレンズシステムの装用状況
  日コレ誌 1997 P237〜P248 "ディスポーザブルレンズ、頻回交換レンズによる角結膜障害"
  日コレ誌 1997 P218〜P222 ガス透過性ハードコンタクトレンズの50週以上装用による角膜曲率半径(中心部・周辺部)の経時変化
  眼紀 1998 P56〜P59 アトピー性皮膚炎患者の角膜形状について
  日コレ誌 1999 P75〜P85 毎日使い捨てソフトコンタクトレンズの現状と将来
  日コレ誌 1999 P123〜P126 連続装用使い捨てレンズにより発生した角膜浸潤について
  日コレ誌 2001 P30〜P40 治療用コンタクトレンズ
  日コレ誌 2001 P142〜P145 使い捨てソフトコンタクトレンズの定期検査の必要性
医学書 眼科検査・診断のコツと落とし穴Part1 1996 P128〜P129 円錐角膜に対するコンタクトレンズ処方
  眼科検査・診断のコツと落とし穴Part1 1996 P132〜P133 HCL処方におけるベースカーブ選択
  コンタクトレンズの基礎と臨床 1996 P206〜P209 コンタクトレンズと合併症。角膜潰瘍
  コンタクトレンズの基礎と臨床 1996 P219〜P223 コンタクトレンズと合併症。その他の合併症
  コンタクトレンズの基礎と臨床 1996 P150〜P158 円錐角膜とコンタクトレンズ
  コンタクトレンズの基礎と臨床 1996 P158 コンタクトレンズ診療に役立つ私のちょっとしたコツ
  眼科診療プラクティス眼科疾患診療ガイド 1997 P171〜P172 球状角膜
  眼科診療手帳 1998 P222〜P223 コンタクトレンズの処方
  眼科診療プラクティスディスポーザブルコンタクトレンズのすべて 1998 P22〜P27 処方前の検査
  眼科診療プラクティスディスポーザブルコンタクトレンズのすべて 1998 P78〜P80 米国と日本のディスポーザブルコンタクトレンズの現状比較
  コンタクトレンズ処方マニュアル 1998 P35〜P65 処方の手順
  コンタクトレンズ処方マニュアル 1998 P151〜P200 コンタクトレンズに関する資料
  コンタクトレンズデータブック 2000 1999 P223〜P225 汚れたときの対処法
  コンタクトレンズデータブック2000 1999 P226〜P230 トラブル対処法
  コンタクトレンズデータブック2000 1999 P236 ケラトメーター換算表
  コンタクトレンズデータブック2000 1999 P237 角膜頂点間距離補正表
  眼科オピニオンコンタクトレンズ    老視用コンタクトレンズ
  眼科診療プラクティス
涙液からみたコンタクトレンズ処方
2001 P32〜35 3時9時方向の角結膜上皮障害とハードコンタクトレンズ
  眼科診療プラクティス
涙液からみたコンタクトレンズ処方
2001 P48〜53 最新のオルソケラトロジー
  治療
プライマリケアでおさえておきたい高齢化社会における眼のケア
2002.3 P48〜53 特集コンタクトレンズ
  新眼科スタッフ
ハンドブック
2002.10.10 P22〜36 コンタクトレンズの知識
  眼科診療プラクティス
眼科医と視能訓練士のためのスキルアップ
2002.9 P178〜187 コンタクトレンズ処方のための検査から装用指導
  眼科診療プラクティス
眼科医と視能訓練士のためのスキルアップ
2002.9 P188 コンタクトレンズの検査
  眼科診療プラクティス
角膜形状解析の基礎と臨床
2002 P30〜34 コンタクトレンズ
  眼科診療プラクティス
角膜形状解析の基礎と臨床
2002 P90〜91 フォトケラトスコープの測定原理
著書 あなたは大丈夫?
コンタクトレンズ障害
2000 マキノ出版  

このページのトップへ





Copyright © Eyeacademy.net All Rights Reserved.